本文へスキップ

「花の図鑑と写真集」は、人にやすらぎを与える花を身近に感じてもらうためのサイトです

このサイトはフリーサイト

メールでのお問い合わせはこちら

花の図鑑Flower dictionary

  
花の写真
花の名前 1950 1950ミント 園芸分類 多年草
別の名前 ハッカ、メンタ 原産地 ヨーロッパ、地中海
カテゴリー 62シソ科 学名 Mentba
花の色 白ピンク青紫
開花月 6月7月8月 種まき月
花のタイプ 左右相称花 花びらのタイプ 合弁花冠
花びらの形 唇形 花びらの数 6枚以内
花びらのサイズ 1cm以下:1cm前後 花咲く順番 穂状花序
葉のタイプ 葉の縁 卵形:鋸歯 草丈 50cm前後
花の由来 ギリシャ神話の妖精「ミント」の名にちなむ。 東洋種には日本産のサヤカゼ、ホクト、ワセナミなど、西洋種にはペパーミント、コルシカミント、アップルミントなどがある。そのほかに、キャットミント、ペニーロイヤルミント、カーリーミント、マウンテンミント、ウォーターミント、パイナップルミント、エンペラーズミント、オーデコロンミント、ホースミント、ジンジャーミントなどもある。
花言葉 効能、得
花にまつわる話 ギリシャ神話の冥界の神プルトンは、ある時地上を訪れ、そこで出会ったひとりのニンフを愛してしまいました。 それを知ったプルトンの妃ペルセポネは、怒ってそのニンフを草に変えてしまいました。その草がハッカ(ミント)で、ニンフはメンテ―という名前だったので、草はミントと呼ばれるようにならました。ニンフはハッカになってもなお、その芳香と薬効でプルトンや人々をひきつけました。ハッカの薬名をメンソレータムというのも、メンテ―からきていますし、英語のミントも、語源はメンテ―からきています。
花の利用法 ハーブの利用法 ●利用部分:花・葉・茎 ●利用方法:ハーブティー、料理、ハーブバス、ポプリ ●効能・効果:かぜ、防虫、消炎、頭脳明晰、冷却

サイト情報

このサイトはフリーサイトです。
何か、ご質問があれば、下記メールアドレスで問い合わせをお願いします。
MAIL: siteup@y-daisuki.com